豆乳パワーで相乗効果!フルーツ青汁の豆乳割りがおすすめ理由とは?

フルーツ青汁は自然本来の甘みを引き出し、低カロリーなだけでなく、野菜や果物の栄養素がたっぷり入っているので、ダイエットや健康にもおすすめのドリンクです。

 

青汁臭さを感じることなく、すっきりとした味わいに定評があり、芸能人やモデルも習慣的に飲んでいると話題になったことから今でも流行しています。

 

くどくない甘さと爽やかな口当たりから毎日飲んでいても飽きがきにくいのですが、たまにはフルーツ青汁をアレンジして味に変化をつけたいですよね?

 

そこでおすすめのアレンジ法が豆乳割りです!

 

豆乳だけで飲むのはちょっと苦手という方も、フルーツ青汁の豆乳割りなら美味しく飲めると口コミや情報サイトでも流行しています。

 

美味しく飲めるだけでなく、フルーツ青汁に豆乳を加えることで、ダイエットや美容の相乗効果が期待できるとのことなのですが、豆乳にはどんな効果を期待できるのでしょうか?

 

 

<豆乳を入れるとどんな効果が期待できるの?>

 

豆乳は食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に効果的なだけでなく、腸内環境を改善させることから、細胞が活性化され、美肌効果にもつながります。

 

また、食べ物で摂取した脂肪分の吸収を抑え、余分な脂肪の蓄積を防ぐ作用があるので、豆乳はダイエットにとても効果的な飲み物なのです。

 

さらに豆乳に含まれているイソフラボンやビタミンCの働きで、肌にハリを与えるコラーゲンの生成を活性化させる役割もあります。

 

イソフラボンには余分な皮脂の分泌を抑える効果もあるので、肌トラブル防止にも効果的な成分なので、豆乳はダイエットにも美容にもおすすめの飲み物なのですね!

 

さらに栄養価満点のフルーツ青汁と合わさることで、相乗効果になるので、フルーツ青汁の味を工夫したい方は豆乳を混ぜるだけで簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

<効果が台無しになる恐れあり!?フルーツ青汁のNGな飲み方>

 

ダイエットや美容に効果的なダイエットドリンクのフルーツ青汁を始めたい方に知っておいていただきたいNGな飲み方とはどのような飲み方なのでしょうか?

 

それはホットにして飲むことです!

 

フルーツ青汁は水かぬるま湯で混ぜるか、アレンジを加えるにしても熱を加えない方法でのアレンジ法をおすすめしています。

 

寒い季節だと温かい飲み物を飲みたくなる気持ちも分かりますし、豆乳割りなら豆乳ラテのようになって美味しそうではありますが、フルーツ青汁は絶対にホットで飲んではいけません。

 

フルーツ青汁の種類によってはホットで飲んでもいいと記載されているものもありますが、基本的にはフルーツ青汁に含まれているビタミンや酵素は熱に弱いので、熱湯で割ってしまうとそれらの成分が壊れてしまう可能性が非常に高いです。

 

どうしてもホットで飲みたい場合は熱湯ではなく、ぬるま湯より少し温かい程度の温度に調節してくださいね。

 

 

<無調整豆乳がダイエットにはおすすめ>

 

ダイエットを目的としてフルーツ青汁を始める場合、豆乳で割る際にはできれば無調整豆乳で割るといいでしょう。

 

無調整豆乳は大豆成分をそのまま摂取することができ、豆乳の中でも1番低カロリーです。

 

ただし、牛乳や砂糖は一切入っていないため、無調整豆乳に慣れていない方も多いので、どうしても飲みにくい場合は調整豆乳で割ってください。

 

無理して美味しくないフルーツ青汁の豆乳割りを飲んでいても、続けていなければ意味はありません。

 

ただし、調整豆乳の場合は砂糖や牛乳が入っているため、ダイエット目的で飲む方は量を入れすぎないように気を付けましょう。

 

 

フルーツ青汁を毎日続けることで着実に痩せやすい体へと近づいています。

 

少しアレンジを加えたい時におすすめの豆乳割りで、楽しくフルーツ青汁を続けてくださいね!

 

>>すっきりフルーツ青汁の販売店まとめ【薬局で探してみた!】